アイフルの無人機での契約までの流れ

アイフルの無人機は、誰にも会わず一時間程度でお金お借りることができます。

持ち物としては印鑑と身分証明書が必要です。

私は借りた額が大きかったので、今の収入が分かる書類を持参しました。

基本的には身分証明書と印鑑だけでいいと思いますが、無人機に行く前にアイフルに電話でご自身の状況を説明して持ち物を確認された方がいいと思います。

大変親切に教えてもらえますよ。

さて、無人機に入ってからは画面の誘導にしたがって必要情報を答えていきます。

ここまで自動化できるか!?というくらいすべて機械で行えます。

ちょっと感動します(笑) 例えば、身分証明書の控えはスタッフがコピーをとる何てことは必要なくその機械の所定の位置に置くだけでスキャンされます。

契約書の記入も終わったら、機械に読み取られ赤ペン先生にチェックされます。

わからないことがあれば備え付けの電話ですぐに質問できたりするのでカメラでスタッフの人が見ているのだと思いますが、それにしても便利です。

あとはその場で発行されるカードで無人機を出てすぐのATMで引き出しできるようになります。

強いていくなら審査の間数分間待たないといけないのが!退屈なので、携帯は持っていかれた方がいいと思います(笑) また30分以上無人機のなかにいるので誰かが入ってきたら…と不安でしたが、誰がか中にいると自動的にロックされるようなので安心できました。

ここまでプライバシーを考慮して作られているので、本当に手軽にお金を借りることができてしまいます…くれぐれも借りすぎには注意さてください!

アイフルでキャッシングするなら家族にバレずに?

アイフルでキャッシングをするのは家族なでにもばれたくないという方も多いかとは思います。

アイフルでは人と会話などをせずに契約をすることができる無人機、無人契約機があります。

アイフルの無人契約機、てまいらずは年中無休で営業していて営業時間も朝の8時から夜の22時までと長く営業しています。

そのため仕事をしている人などでも仕事が終わってからゆっくり契約をしにいくことができるのです。

無人契約機は個室になっています。

そこに入り審査をすることになります。

アイフル社内でも他の方法からの申し込みよりも優先して審査を進めるようにしています。

ただし審査内容を省略するなどのことは行ってはいません。

無人契約機は申し込みから審査、契約までを1つの個室で行います。

審査にどれくらいの時間がかかるかは、人それぞれ異なります。

アイフルは審査時間も短くてあまり待たなくてすむから便利なのですが、会社で働いていても収入が不安定な人は審査をするのに時間がかかり長くなってしまうことなどもあるのです。

融資のためには安定した収入が必要になります。

アイフルの無人機は22時までの営業になりますので、ギリギリにきたら翌日も来店しないといけなくなるので、注意しましょう。

大手消費者金融の無人機の実情

現在大手消費者金融は実店舗はほとんどなく、無人の自動契約機で営業しているのが実情です。

大手の一角アイフルもそうで、実店舗は全国で25店しかないのに、自動契約機は約900ヶ所もあります。

なお実店舗の営業時間が平日のみ10時~18時であるのに対し、自動契約機は年中無休で8時~22時まで営業しているのです。

アイフルではWEB契約も可能なので自動契約機を利用する意味はあまりないのでは?と考える方もいらっしゃることでしょう。

ごもっともなご意見ですが、自動契約機を利用する最大のメリットは銀行振込みのできない時間帯でも、即日融資が受けられることです。

アイフルで平日に振込み融資を受けるには、14時10分までに振込み依頼まで完了している必要があります。

サラリーマンの方は、なかなか忙しい平日の昼間に手続きが完了することは困難です。

仕事が終わった後や週末などに自動契約機に来店すれば、即日融資が受けられることはメリットが大きいというわけです。

自動契約機を利用する時の注意点は、必ずしもATMが併設されているとは限らないことです。

アイフルATMは23時まで手数料無料で利用できるのがメリットですが、肝心のATMがなければお金を借りられません。

その場合コンビニATMなどを利用することになりますが、借入1万円までは108円、1万円超えなら216円の手数料がかかることを覚悟していて下さい。